Zabbixからの大量アラートを97%自動カット!? Zabbix運用を楽にする方法

カテゴリー: サービス情報, 統合運用管理   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

システムの監視にZabbixを利用されているお客様の中には、Zabbixからの大量アラートにお困りの方も多いかと思います。

もちろん、これはZabbixの設定トリガーが忠実に動いている結果なのですが。大量アラートでメーラーが溢れて困っている。。アラートをエクセルに転記してチケットのように管理している。。「Zabbix運用に工数がかかってね。」というお悩み話をよく聞きます。

IIJではこのようなお客様のお悩み解決ツールとして”IIJ統合運用管理サービス for Zabbix”を提供しています。現在、サービスのお問合せとトライアルの申し込みが非常に増えています。本記事では、そのサービスの魅力を紹介します。

■導入は簡単、メールを連携するだけ!

IIJ統合運用管理サービス for ZabbixはSaaS型のサービスで、Zabbixのアドオンサービスのように組み合わせて使って頂く事ができます。

使い方はとても簡単で、Zabbixからのアラートメールを直接お客様のメーラー(アドレス)に送るのではなく、IIJ統合運用管理サービス for Zabbixのメールアドレスに送る設定をします。
IIJ統合運用管理サービス for Zabbixでアラートメールを受信するイメージです。そうする事で以下の3つのメリットがあります。



(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

便利機能① アラートを電話で通知

あらかじめ指定した条件に合致したアラートが発生した場合、自動音声による電話通知を行います。電話連絡は複数の宛先が登録できますし、シフト設定で通知先を曜日や時間帯で変更することもできます。また、一人目の方が電話に受領(#を押すことで受領となります)できなかった場合、2番目、3番目・・・と登録した順に電話を自動架電しますので、これで対応漏れを防ぐことができます。

着信イメージ。通話後「#」を押すことで受領となります。

便利機能② 独自のアラートフィルタリングで大量アラートを集約して通知

もちろん電話での通知だけではなく、メールでの通知も可能ですが、IIJ統合運用管理サービス for Zabbixからのメール通知は、そもそも指定した条件以外のアラートは通知しませんので、障害に無関係なアラートは確認自体不要になります。
さらに、指定した条件が同一のメールは5分単位で集約して1つのメールとして送付します。この機能がZabbixからの大量のアラートを防ぐので、確認と対応をすべきアラートが見やすく、明確になります。

アラートメールのイメージ


(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

便利機能③ チケットへのナレッジ蓄積

メリット①と②はアラートに関するメリットでしたが、IIJ統合運用管理サービス for Zabbixでは、チケット管理の機能も提供します。メリット②で集約されたアラートが自動でチケットに起票されます。この自動で起票される点がポイントで、チケット管理の最大の障壁である入力の手間を軽くする事ができます。


(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

もちろん一般的なチケット管理の機能は搭載していますので、対応結果などを入力頂くことも可能です。


(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

その他、同一ノードで過去発生したアラートなど類似のチケットを検索することもできます。


(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

メリット①の電話通知の結果がどうなったのか、その後の対応はどのようになっているのかをタイムラインで表示するので、対応状況が確認しやすくなっています。


(クリックすると別ウィンドウで拡大表示します)

■今だけ月額4800円!無料トライアルもかんたん!

このようなメリットのあるIIJ統合運用管理サービス for Zabbixが、今ならZabbixの台数や監視サーバー台数なども関係なく、4,800円/月で利用できるキャンペーンを実施中です!60日間無料で試せるトライアルも可能ですので、ぜひお試しください。
また、実際の設定方法や操作方法を学べるハンズオンセミナーも定期的に開催しております。ぜひご参加ください。

コメントは受け付けていません。