マルチデータベース対応のデータレプリケーションを提供しています。

カテゴリー: サービスアップデート, データベース   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。鍋倉です。

前回までは、月ごとに“IIJ GIOサービスアップデート“としてIIJ GIO関連のサービスアップデートを簡潔にご紹介してきた本トピックですが、今月からは趣向を変えてサービスアップデートの内容をより深くご紹介していきます。

アップデートがあれば、月次でこれまで通りご紹介していきますので、今後とも宜しくお願いします。

さて、今回は、先月プレスリリースをした、IIJ GIOアドバンストDBソリューションの新メニューについて話をしたいと思います。

IIJ GIOアドバンストDBソリューションは、専門的な作業を要求されるデータベースの移行、構築、運用を提供するソリューションです。
IIJ GIOサービス上での構築はもちろん、オンプレミスやMicrosoft Azureを組み合わせた構成でのご提供も可能です。ご要件がございましたらお気軽にお問い合わせください。
本ソリューションでは、異なるデータベース間でのデータレプリケーションを可能とする、”Attunity Replicate”という製品を採用した、新メニューを提供しています。主にデータベースの移行や、災害対策目的のバックアップ・ディザスタリカバリ(DR)用途にご利用になれます。

Attunity Replicateとは

マルチデータベース対応のデータレプリケーションソフトです。

本製品には以下のような特徴があります。
1. 対応するデータベースの種類が豊富
Oracle Database、MySQL、Microsoft SQL Server 等のデータベース製品を始め、Data WarehouseやHadoop等にも対応しています。
2. エージェントレスで利用可能
既存でご利用いただいているデータベースの構成を変更せずに導入できます。DBサーバ同士のレプリケーションをAttunity Replicate Serverがコントロールして実現します。(図1参照)
3. 高速な差分同期
ソースDBからのredoログをAttunity Replicate Server上で処理し、ターゲットDBヘ最適化されたSQLでリアルタイム更新します。

図1 構成イメージ

いかがでしょうか。
ご興味がありましたら、お気軽に弊社営業またはお問い合わせフォームまでご連絡ください。

お待ちしております。

鍋倉

コメントは受け付けていません。