国内クラウド初!Panzuraクラウドストレージゲートウェイに正式対応

カテゴリー: サービス情報, ストレージ, パートナー   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスが、Panzuraクラウドストレージゲートウェイ(以下、Panzura CSG)の接続可能なクラウドストレージとして米国Panzura社から正式認定を受けました。日本国内クラウド事業者としては初のケースとなり、既に提供されているバージョンで利用可能となります。

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスとPanzura CSGを組み合わせることで、クラウド上に高速・大規模なクライアントファイルサーバ環境が構築可能となります。Panzuraは、グローバル・他拠点に分散したファイルサーバを統合し、従来のファイルサーバに比べて高速なレスポンスを提供します。

従来型のWindowsファイルサーバをクラウド上に構築するためには以下の課題があり、Panzura CSGを使うことで解決することができます。

ファイルサーバをクラウド上に構築する上での課題

  • 多拠点からのアクセス、大容量データの転送はネットワークの遅延などによりレスポンスが悪い
  • 従来型のブロックストレージでは劇的なTCOの削減は見込めない
  • 仮想サーバ(Windows)とブロックストレージを組み合わせた導入は、SIと同等の手間と運用負担がかかる

Panzura CSGの特徴

オンプレミス型ファイルサーバと同じ使い勝手

Panzura CSGはCIFS/NFSのファイルサーバとして動作するため、クライントからの使い勝手は従来のファイルサーバと全く変わらず、エクスプローラによるファイル、フォルダ検索も従来通りです。また、Active Directoryとの連携にも制約はありませんので、従来のファイルサーバと同じポリシーでのアクセス制御が可能です。

オンプレミス型ファイルサーバと同等の性能

Panzura CSGは内蔵する大容量SSDをローカルキャッシュとして利用し、さらに重複排除、WAN高速化の機能を組み合わせることで、クライアントからの高速なCIFSアクセス要求に対応するとともに、PanzuraとIIJ GIOストレージ&アナリシスサービス間の通信量を大幅に削減することで大容量データを短時間でやり取り。従来のオンプレミス型ファイルサーバと同等の性能を発揮します。
一般的なオフィス系ファイルだけではなく、CADや設計データ、動画、画像、音声データなど大容量ファイルもストレスなくご利用いただけます。

災害対策とデータ保護

従来のファイルサーバの一般的な災害対策はお客様ご自身で複数のデータセンタにファイルサーバを配置し、ファイルサーバのレプリケーション機能によるデータの複製を行う必要がありました。そのため機器やファシリティにかかる莫大なコストと運用工数がかかってきます。そこで、このPanzuraとIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスを組み合せることにより、災害対策を安価かつ容易に実現することができます。
クライアントからPanzuraに書き込まれたデータはネットワークを介してすべてIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスに保存されます。IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは堅牢なデータセンタ内で異なるノードに3つの複製をすることで99.999999999%(イレブンナイン)の堅牢性を提供しており、企業の重要なデータを安全に保存することができます。

またPanzura自身がファイルの世代管理の機能を有しており、ユーザが誤ってファイルを消してしまった場合など、ユーザ自身のオペレーションにより最大1万世代まで遡ってのファイルの復元が可能となります。

暗号化機能

Panzura CSGは、米国連邦標準規格であるFIPS 140-2に準拠するAES-256bit暗号化機能を有しており、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスに保存するデータを強力に保護します。

構成イメージ

Panzura

IIJ GIOストレージ&アナリシスについて

安価で高いデータの保全性をもつオンラインストレージサービス。ユーザはデータを安全に、どこからでも、容量制限なく、データ転送量無料で利用可能。

特徴

  • 分散型オブジェクトストレージ
  • 容量無制限:1ファイル5TBまで、ファイル数無制限
  • 高い堅牢性:99.999999999%(イレブンナイン)
  • 安価なストレージ:7円/GB、ダウンロード転送量:0円
  • 無制限の拡張性と性能劣化が低い
  • RestAPIを使ってアプリケーションと容易に連携可能
  • IIJ GIOプライベートバックボーンを使った閉域網接続に対応

【IIJのお問い合わせ先】

(アライアンスマーケティング部)

コメントは受け付けていません。