IIJ GIOサービスアップデート(2016年6月分)- ストレージリソースにCIFSストレージが追加!

カテゴリー: SAP, インフラストラクチャーP2, サービスアップデート, ストレージ   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。サービス企画部の鍋倉です。

IIJは今年も2016/7/21(木) Lead Initiative 2016 を開催します。今年は、クラウドとモバイル基盤によって形成されるIoT(Internet of Things)など新たなデジタル技術をテーマに、今後のビジネス活用に向けた展望をお伝えします。

参加登録はまだ間に合います!こちらから参加登録をお願いします 。

今月も、IIJ GIOのリリース・アップデート情報をお届けします。

2016年6月のIIJ GIOサービス更新情報

IIJ GIOインフラストラクチャーP2

ストレージリソース CIFSストレージ リリース

リリース日: 2016/6/1

“IIJ GIOインフラストラクチャーP2/ストレージリソース” のラインアップに”CIFSストレージ”が追加され、社内ファイルサーバのクラウド化が容易になりました。

“NFSストレージ”同様、帯域性能(10Mbps単位)、ストレージ容量(100GB単位)を細く選択が可能。最大1GbpsのCIFSサーバ帯域により、高負荷にも対応します。

プライベートリソース “コネクタ” 新品目提供開始

“コネクタ”は仮想化プラットフォーム VWシリーズとIIJデータセンタ内にご契約いただいているお客様専用ラックや、IIJで提供している各マネージドサービスと連携させます。この度、以下2品目の”コネクタ”を追加しました。

データストアコネクタ FC/VW (※1)

-お客様のご契約ラックに持ち込み頂いているストレージ機器とVMware vSphere ESXi サーバを接続します。

0715_1

バックアップコネクタ ER FC/VW (※1)

-お客様ご契約ラックに持ち込み頂いているバックアップアプライアンス(お客様ストレージ機器)とVMware vSphere ESXi サーバを接続します。

0715_2

※1 接続可能なストレージ機器については弊社営業担当までお問い合わせください。

IIJ GIOコンポーネントサービス

vSphere6.0提供開始

リリース日: 2016/6/29

IIJ GIO コンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズで利用されている、VMware社の製品スイート 、”VMware vSphere 6.0 ”に対応・リリースしています。

“vSphere6.0”では、以下品目に下記バージョンのソフトウェアが搭載されています。

– VMware vSphere ESXiサーバ:VMware vSphere ESXi 6.0 Update2
– ベースセット(統合管理サーバ):VMware vCenter Server 6.0Update2

“vSphere 6.0”ではそれ以前のバージョンと比較して、スケーラビリティが向上(クラスタあたりのホスト台数が32台から64台へ拡張)し、Cross vCenter vMotion(※2) (vCenter Serverインスタンス間で仮想マシンを移行できる新機能)が提供されます。

※2 本機能のご利用にはいくつかの制限事項がございます。

データベースアドオン インメモリプラットフォーム for SAP HANA S06リリース

リリース日: 2016/6/8

2016年5月のアップデート情報でご紹介をした、インメモリプラットフォーム for SAP HANAをS06(別サイト)でも提供開始しました。

先月ご紹介した同じ品目を、異なるサイトでも提供します。

(クラウド本部 サービス企画部 鍋倉)

コメントは受け付けていません。