ベアメタルサーバってなあに

カテゴリー: インフラストラクチャーP2   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。クラウド本部の藤原です。

もともとは、まっさらな物理筐体という意味で使われた「ベアメタルサーバ」。
最近では仮想サーバとの対比で用いられることが多くなりました。
ベアメタルサーバって物理サーバなの?クラウドなの?そもそもベアメタルサーバって何…?と思っている方もいるはずです。

今回は、その「ベアメタルサーバ」についてお話をします。

一般的なベアメタルサーバとは

一般に「ベアメタルサーバ」や「ベアメタルクラウド」は、高度に自動化されセルフサービス化された物理サーバを指します。
IIJのクラウドサービスでは、OSやハイパーバイザがインストールされたお客様専用の物理サーバがそれに該当します。

物理サーバの制御は難しい?

クラウドコンピューティング技術が発達した現代では、仮想サーバを立ち上げたり、仮想サーバをネットワークに接続したり、といった操作は比較的容易に行えるようになりました。これは、ハイパーバイザが備えているAPIをソフトウェアで制御することができるためです。
しかしベアメタルサーバでは、ソフトウェアからハードウェアを制御しなければなりません。実際には、ハードウェアの中に組み込またファームウェアを制御するのですが、制御する仕組みはメーカー・機種・バージョンによって異なるので、自動化は比較的難しいと言われています。

仮想サーバと物理サーバの違い

ベアメタルサーバのメリットは?

では、ベアメタルサーバを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

オンデマンド性(即時性)

1点目は、お客様専用の物理サーバをオンデマンドで利用できることです。コントロールパネルから申し込みを行うと、サーバ・ネットワーク・ストレージの各ハードウェアに指示が出され、OSやハイパーバイザのインストールと立ち上げが自動的に行われます。物理サーバを仮想サーバのように、即時利用することができるのです。

高性能

次に性能面です。仮想”専有型”サーバの場合、ハイパーバイザがハードウェアのリソースを消費してしまいます。また、仮想”共有型”サーバの場合、ハイパーバイザのリソース消費に加え、複数のユーザでリソースを共有するために性能が劣化してしまう恐れがあります。
ベアメタルサーバでは物理サーバが専有型で提供されるので、ハードウェアのリソースをフルに活用できます。

ベアメタルサーバが適した用途は?

ベアメタルサーバは「ハイパーバイザを自社で管理したい」場合や、「性能を余すことなく利用したい」場合に最適です。
例えば、仮想サーバに割り当てるリソースや集約率(オーバーコミット率)を自由に決めたいケースでは、ハイパーバイザがインストールされたベアメタルサーバが有力な選択肢となります。
また、リレーショナルデータベースサーバの性能を向上させたい場合、サーバをスケールアップするしかない(スケールアウトできない)ので、より高性能を発揮できるベアメタルサーバが最適です。さらに、大量にメモリを消費する検索エンジンや、解析処理などにも適しています。
このような適性はオンプレミスにおける物理サーバにも該当しますが、ベアメタルサーバはオンデマンド性(即時性)も備えているため、いずれの場合であっても、必要なときに必要な台数をすぐ利用することができます。

使用できるリソースの違い

IIJのベアメタルサーバは?

最後に、IIJが提供するベアメタルサーバをご紹介します。

IIJでは2015年11月から、IIJ GIOインフラストラクチャーP2(IIJ GIO P2)の「プライベートリソース 仮想化プラットフォームVWシリーズ」として、VMware vSphere ESXiサーバを提供中です。
また、2016年5月からは、同じくIIJ GIO P2の「プライベートリソース 物理サーバ」の提供を開始しました(オンデマンドでの利用開始は2016年度中を予定)。

実はベアメタルサーバに至る歴史は長く、2010年からサービス開始したIIJ GIOコンポーネントサービスや、IIJ GIOの前身サービスであるIBPSでも多くのお客様に物理サーバを提供してきました。最新サービスのIIJ GIO P2では、これまで培ってきたノウハウを結集して、ベアメタルサーバサービスの開発に取り組んでいます。

IIJ GIO P2のESXiサーバ及び物理サーバでは、オンライン申し込み後にOSやハイパーバイザをインストールして提供します。そのため、利用開始までに要する時間は30分から1時間です。
オンプレミスでの物理サーバ調達なら納期が1~2ヵ月かかりますし、従来のIIJ GIOコンポーネントサービスでも、物理サーバの提供には3~5日かかっていました。
比較すると、飛躍的にオンデマンド性が向上したことを実感いただけると思います。

IIJ GIOのベアメタルサーバは、性能を余すことなく利用したいというエンタープライズのお客様のニーズにお応えします。ぜひお気軽にご相談ください。

(クラウド本部 藤原)

コメントは受け付けていません。