Skylake CPU搭載端末でWindows 7のサポートが2017年7月までに短縮。延命方法は?

カテゴリー: サービス情報, 仮想デスクトップ, 技術情報   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

【2016/4/13追記】Skylake搭載端末でのWindows 7/8.1サポートポリシーが変更され、2017年7月17日から2018年7月17日へとサポート期間が変更されました。(米マイクロソフト社のブログへ

CPU「Skylake」搭載端末では、Windows 7のサポート終了が早まる

2016年1月15日、Intelの第6世代Coreシリーズ(コードネーム「Skylake」)に関して、マイクロソフトより気になる発表がありました。

Windows 7の延長サポート期間は2020年1月14日までですが、Skylake搭載端末にインストールされたWindows 7/8.1は、2017年7月17日でサポートを終了。引き続きサポートを受けるためには、同日までにWindows 10にアップグレードが必要というものです。

サポート期間 Skylakeより前のCPU Skylake Skylakeより後のCPU
Windows 7 2020年1月14日まで 2017年7月17日まで サポートなし(Windows 10のみ)
Windows 8.1 2023年1月10日まで 2017年7月17日まで サポートなし(Windows 10のみ)

企業ユーザの取るべき選択肢は3つ

企業ユーザが今後調達するPCは、Skylake以降のCPUを搭載している可能性が高いでしょう。
しかし、独自の業務システム/業務アプリを抱える場合、OSのアップデートは一筋縄ではいきません。企業ユーザの取りうる対応は3つ考えられます。

その1:覚悟を決めてWindows 10に移行する

Windows 7/8.1で稼動しているアプリケーションがあれば、Windows 10で動作確認テストを行い、必要に応じて改修します。2017年7月までに完了できればこの方法が確実ですが、現実的には難しい場合も多いでしょう。
例えば、「Windows 7用に改修したばかりで時間もコストもこれ以上はかけられない」「Windows 10で想定されている高頻度の機能追加に追従するだけの体制が整えられない」などのケースが考えられます。

その2:旧世代CPU搭載の端末を購入しておく

現在市場にあるSkylakeより前のプロセッサ搭載端末を購入しておけば、2020年まではWindows 7のまま使い続けることができます。
ただこの方法では、端末の購入代金が余計にかかりますし、2020年以降の課題は解決されずに残ります。

その3:Windows 7環境を仮想化し2020年以降まで延命する

Windows 7環境を仮想化し、Windows 7アプリを仮想化環境で利用する方法です。
仮想化環境はPCのOSに依存せずに使えるので、Windows 7/8.1とWindows 10が混在したオフィスにも適用できます。
2020年までの延命期間にアプリのWindows 10移行を進めても良いですし、この機会に仮想化環境への完全移行を検討しても良いでしょう。

Windows 7環境を仮想化し、Windows 7アプリを仮想化環境で利用

Windows 7の延命マイルストーン

その3で示したWindows 7の延命策は、クラウド型の仮想デスクトップサービスでも実現できます。クラウド型は導入が簡単な上、Windows 10への移行完了後はサービスの利用を終了できるので、設備も無駄になりません。
もちろん、2020年以降も仮想デスクトップ環境を使い続ければ、ハードウェアの条件に縛られないアプリ環境を維持することが可能です。

延命マイルストーン

IIJでは、仮想デスクトップサービスを活用したSkylake対策のご相談を承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

(エンタープライズソリューション2部 福本)

コメントは受け付けていません。