IIJ GIOサービスアップデート(2016年1月分)

カテゴリー: サービスアップデート   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス企画室の鍋倉です。

年末まで暖かかった気候は、今年に入り急に寒くなり、先日東京でも雪が降りました。みなさん体調を崩されてはいないでしょうか?

さて、今月のアップデート情報をお知らせします。

2016年1月のIIJ GIOサービス更新情報

IIJ GIO CHINAサービス

「仮想化プラットフォーム VWシリーズ」をサービスラインアップに追加

リリース日: 2016/1/18

多くのお客様に採用いただいている「仮想化プラットフォーム VWシリーズ(以下、VWシリーズ)」を中国国内で提供開始しました。
「VWシリーズ」は、VMwareの仮想化基盤上でOSやアプリケーションを自由に設計・構築でき、お客様がお使いの各種OSや独自にカスタマイズされたOSも移行可能なため、既存システムと組み合わせたプライベートクラウド環境を迅速に構築することができます。
柔軟性・信頼性に優れ、基幹系システム等のエンタープライズでの利用に最適です。

また、IIJ GIO CHINAサービスは、中国国内における南北問題(CT = China TelecomとCU = China Unicom間の相互接続帯域の逼迫)に影響されないインターネット接続サービスへの標準対応や、日本語・中国語・英語のマルチリンガルのサポートにも対応しています。

日本と中国国内で事業展開する際には、ぜひIIJ GIO CHINAサービスをご検討ください。
※ IIJ GIO CHINAサービスは、艾杰(上海)通信技術有限公司(IIJ Global Solutions China Inc.) が提供します。

(プラットフォーム本部 サービス企画室 鍋倉)

コメントは受け付けていません。