すべてのシステムをクラウドへ(1) One Cloud

カテゴリー: イベント, サービス情報   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月15日、IIJ主催のイベント「Lead Initiative 2015 ~ イノベーションによるビジネス変革」を東京・品川で開催し、1,000人を超えるお客様にご来場いただきました。
GIOろぐでは3回連続で、同日発表した新たなサービスコンセプト”One Cloud(ワンクラウド)”と2つの新サービスをご紹介します。

新コンセプトを発表

IIJ GIOインフラストラクチャーP2(以下、IIJ GIO P2)は、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方のメリットを同時に享受できるサービス。一方、マルチクラウド前提の複雑なシステム環境を簡単かつ迅速、セキュアに接続するネットワークサービスがIIJ Omnibusサービス(以下、IIJ Omnibus)です。この開発背景をIIJでは「One Cloud」のコンセプトで発表し、2つのサービスを利用することにより、すべてのシステムをクラウドで使えるようになると説明しました。

IIJの新コンセプト「One Cloud」

「One Cloud」には3つの意味があり、

  1. パブリッククラウドとプライベートクラウドを1つの環境で実現
  2. コンピューティング・ネットワーク・セキュリティなどのすべてのリソースを1つの環境で実現
  3. マルチクラウド環境を1つの環境で実現

というもので、お客様のニーズに応じた幅広いリソースを単一プラットフォームに統合するのが「One Cloud」構想です。

新しい技術革新がビジネスに応用され始めるとともに、クラウドネイティブの流れを受けて、様々な形態でクラウドを利用したいというニーズが高まっています。
例えば、製造プロセスでの機器の稼働状況、モビリティでのセンサー情報、家庭でのガスや電気の消費状況、医療や健康分野でのバイタルサイン。このような多様で膨大なデータを扱うシステムをクラウドに配置し、分析・解析し、新たな知見を得る。
「One Cloud」で構築されたクラウドサービスを中心に、製造プロセスでの生産性は向上し、交通機関での事故や渋滞は低減され、安定したエネルギー供給、充実した予防医療が実現され、より良い社会が実現されていくことを確信しています。

2つの新サービス

IIJ GIO P2は、新しいIaaSラインアップで、安価な共用型/パブリッククラウドから専有型/プライベートクラウド、物理サーバ(ベアメタルサーバ)までを幅広くカバーします。これまで提供してきたパブリックIaaSと専有サーバサービスの後継となるサービスで、旧サービスの特徴的な部分を引き継ぎつつ、更に利便性や迅速性を向上させています。

IIJ Omnibusは、SDNおよびNFVの技術を利用して、インターネット、セキュリティ、WANなど、企業ネットワークに必要とされる各種機能をクラウドサービスとして提供するものです。IIJ Omnibusによって、ユーザは、ネットワーク機器の設置、監視、保守といった作業から解放され、システムの運用ルールの策定とアクションだけに徹することができます。

さらに、IIJ GIO P2とIIJ Omnibusでは、様々な操作をコントロールパネルで一元管理できます。契約管理、各種設定、稼働状況のモニタリングなど、ユーザが必要とする操作は、すべてオンラインで行えます。One Cloudでは、これまでIIJが培ってきた技術が1つにまとめられ、仮想化技術が最大限に生かされています。
One Cloudは、オンプレミスの基幹システムからネットワーク機能に至るまで、すべてのITシステムをクラウドで運用し管理するための新たなサービスコンセプトです。

会場案内

(Lead Initiative 2015事務局)

コメントは受け付けていません。