IBM iのクラウド化が生むビジネスチャンス

カテゴリー: Power-i, イベント   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

製造業、流通サービス業を中心に全世界で累積出荷台数75万台のAS/400、IBM iシステムのクラウド検討が本格化しています。
今回は、IBMソリューションプロバイダー様向けに開催した「事例に学ぶ、IBMiのクラウドが生むビジネスチャンスセミナー」のレポートをお届けします。

基幹業務におけるクラウド活用事例

基幹業務システムにおけるクラウド化は急速に進んでいます。IIJのセッションではGIO推進部 堀江より、基幹業務分野でのクラウド利用の現状についてタマホーム様、日本通運様などのユーザ事例をもとに解説をさせていただきました。

IBM iクラウド本格化をチャンスに変えるIaaS

続いてのセッションでは、IIJグローバルソリューションズ 中馬よりIBM iシステムのクラウド化が本格化している背景を製品動向/ユーザ動向/サービス提供者の動向という3つの視点から解説をさせていただきました。また、IBM iシステムのクラウド化が本格化している中、パートナー企業がIIJ GIO Power-iサービスを活用することによる「新しいビジネスモデルの創出」についてご説明しました。

チェーン薬局向け調剤システムのクラウド化事例

日本メディコム 山本様日本メディコム様は、チェーン薬局向けに調剤システムのアウトソーシングビジネスをされています。従来は、自社でサーバを保有しASP提供されていましたが、ユーザーニーズの変化により、運用負荷の増大に頭を悩まされておりました。
本セッションでは、代表取締役の山本様よりご自身のご経験を交えながら、IBM iシステムのクラウド化への背景や移行にあたっての課題、クラウド化によって得られた効果などをご紹介をいただきました。

IIJ GIOパートナープログラムでは、IIJ GIO Power-iサービスのご利用を検討されているパートナー企業向けに「無償パフォーマンス分析レポート」、「無償トライアル」などの支援メニューをご用意しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

(IIJグローバルソリューションズ サービス推進本部 帆苅)

コメントは受け付けていません。