そのクラウドで本当に大丈夫?仕様や運用を変えずに移行できるハイブリッドクラウド

カテゴリー: ベストプラクティス   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

基幹システムでも「クラウドファースト」

新しくシステムを構築したり、既存のシステムを再構築したりする場合、まずはパブリッククラウドの利用を考える「クラウドファースト」が一般化した現在、基幹システムのインフラとしてもクラウドの活用に本格的に取り組む企業が増えています。

例えば、グローバルにビジネスを展開する製造業では、海外拠点の迅速な立ち上げを目的にクラウドファーストで海外拠点の基幹システムを構築し、オンプレミスで稼働する本社の基幹システムと連携するといった事例が増えています。

また中堅・中小規模の企業では、日本時間2015年7月15日にサポートが終了するマイクロソフトのサーバー用OSであるWindows Server 2003で稼働している基幹システムを移行するためのプラットフォームとして、クラウドファーストで検討しています。

しかしすべてのシステムをパブリッククラウドに移行できるわけではありません。技術的な問題やセキュリティポリシーの問題などで、クラウドへの移行に二の足を踏む企業が多いことも事実です。

クラウドに移行したいができない企業の現実解となるのが、パブリッククラウドとオンプレミスを組み合わせてシステム基盤を実現する「ハイブリッドクラウド」なのです。

ハイブリッドクラウドですべて解決?

ハイブリッドクラウドによって、オンプレミスを活用して既存のIT資産を有効活用し、セキュリティリスクを回避しながら、パブリッククラウドを活用してビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できるシステム基盤を実現できます。

しかし一般的なハイブリッドクラウドでは、パブリッククラウドがオンプレミスとは異なるプラットフォームで実現されているために、オンプレミスから直接システムを移行することが難しく、パブリッククラウドの仕様に合わせて再構築したり、運用体制を見直したりすることが必要になります。

また一度、パブリッククラウドにシステムを移行してしまうと、オンプレミスに戻すことも困難になります。

それでは、どのようなハイブリッドクラウドを実現すればいいのでしょうか?

IIJ GIOのハイブリッドクラウドとは?

IIJでは、オンプレミスで利用しているVMwareのノウハウを生かし、パブリッククラウドの仕様にあわせた再設計や運用の見直しをすることなく既存のシステムをそのまま移行できるハイブリッドクラウドの実現を提案しています。

VMwareのテクノロジーを活用することで、例えば既存のシステムリソースが足りないときに、一時的、あるいは短期的にパブリッククラウドを利用し、社内リソースに空きができたらクラウド上の仮想マシンをオンプレミスに簡単に移動することもできます。

より詳しい内容に関しては、2015年5月18日に「IIJ GIOベストプラクティス」を構成するツールの1つである「IIJ GIOリファレンスアーキテクチャ」の新たなコンテンツとして追加された『ハイブリッドクラウド』をご覧ください。

『ハイブリッドクラウド』では、VMwareの仮想化プラットフォームで構築されたオンプレミスとの親和性が高く、パブリッククラウドへの移行におけるシステムへの影響を最小限に抑えたハイブリッドクラウドを実現するためのIIJ GIOの汎用的な実装パターンを解説しています。

IIJ GIOベストプラクティスでは、今後も様々なテーマを追加していく予定です。皆様、ぜひご活用ください!

(IIJ GIOベストプラクティス開発チーム)

コメントは受け付けていません。