Azureへ閉域網接続するサービスを国内初提供

カテゴリー: サービス情報, パートナー   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、2014年7月10日に日本マイクロソフト株式会社との共同記者会見で発表した、新たなネットワークサービスについてお話しします。

ハイブリッドクラウドからマルチクラウドへ

お客様からいただくご相談の中で、マルチクラウドのニーズが近年高まっています。この記事をご覧のお客様の会社でも、複数のクラウドサービスを併用されているケースが多いのではないでしょうか?

背景には、複数の事業者が持つ特徴や強みをユーザ側で選択し組み合わせて使うことで、より高品質なシステムを低コストに構築できるようになったことがあります。事業者間の競争によって高度化が進むクラウドサービスを「いいとこ取り」で組み合わせ、更にオンプレミスの利点を含めて適材適所に配置することによって、企業の事業戦略や課題解決に最も適したITを構築できるようになりました。このようなマルチクラウド時代が、まさに到来しつつあります。

企業システムから見たクラウドサービス

一方これまで、企業のいわゆる基幹システムやミッションクリティカルなシステムのクラウドとの連携には、情報セキュリティや柔軟性、コストの課題がありました。

  • パブリッククラウドの国外データセンターにデータを保管するのか?
  • 日本のデータセンターであっても、契約書が英語、準拠法や裁判管轄地が米国なのは大丈夫か?
  • インターネット経由の通信で情報セキュリティの機密性は維持できるのか?
  • レガシー資産の利用や柔軟なリソース活用、ソフトウエアのバージョンコントロールなどオンプレミスと同レベルの自由度でシステムを構成できるのか?
  • 既に買ってしまっているライセンスを流用できず二重投資になるのではないか?

などなど、情報システム部門の心配ごとは尽きません。

このような日本の企業システムのニーズに対応するのが、今回のマルチクラウド協業です。ではなぜ、IIJとマイクロソフトなのでしょうか。いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

左から日本マイクロソフト 業務執行役員 佐藤氏、日本マイクロソフト 代表執行役社長 樋口氏、弊社代表取締役社長 勝、弊社専務執行役員 時田

左から日本マイクロソフト 業務執行役員 佐藤氏、日本マイクロソフト 代表執行役社長 樋口氏、弊社代表取締役社長 勝、弊社専務執行役員 時田

Azureへ閉域網で接続し、セキュアなマルチクラウド環境を実現

今回、IIJとマイクロソフトは、Azureに閉域網接続する国内初のネットワークサービスを提供することを発表しました。IIJのクラウド基盤である「IIJ GIOプライベートバックボーンサービス」とAzureを相互に接続。IIJは「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」を提供し、マイクロソフトはAzureの閉域網接続サービスである「ExpressRoute」を提供します。本年10月よりお申込受付を開始します。

サービス概要図

お客様は本サービスによって、社内のWANサービスとAzureをプライベート接続し、インターネットを経由せずにAzureのリソースを安全に利用できるようになります。利用可能なアクセスポイントは国内4ヵ所、接続する回線はマルチキャリアから選択できます。

また、IIJ GIOプライベートバックボーンサービスにはあらかじめIIJ GIOの設備が接続されています。これによって、AzureとIIJ GIOを組み合わせたマルチクラウド環境をきわめて安全に実現することができます。

Azureを既存でご利用中のお客様はIIJ GIOを組み合わせて。IIJ GIOをご利用中のお客様は、更にAzureを組み合わせて。お客様の既存のWAN回線はそのままプライベートバックボーンに接続し、セキュアなマルチクラウドネットワークを簡単に構築することができるのです。

IIJの高品質ネットワークでマルチクラウドのメリットを最大に

IIJのプライベートバックボーンを介したセキュアで高品質なネットワークは、企業システムに新たな価値を提供します。
IIJ GIOとAzureは、国内データセンターでのクラウドサービス提供及び日本法に準拠しています。IIJ GIOの専有型リソースを使えばライセンス資産の持ち込みやバージョンコントロールに対応でき、お客様個別の機器や特殊デバイスの持ち込みにも柔軟に対応します。

低コストかつ短期利用に対応した柔軟なリソース拡張を可能とするAzureと、エンタープライズ対応の柔軟性と信頼性及び専有型リソースやハイエンドリソースの活用が可能なIIJ GIO、並びに、お客様が既にお持ちのオンプレミスといった3つの環境を最適な形で選択することによって、拡張性・俊敏性を兼ね備えたマルチクラウドのメリットを最大限活用することができます。

今後、2014年10月のお申込受付開始と実際のサービスインに向けて、本サービスのメニュー体系やご利用料金を検討していきます。詳細のご説明につきましては、弊社の営業担当やインフォメーションセンターまでお気軽にお問い合わせください。

(アライアンスマーケティング部 荻久保)

コメントは受け付けていません。