CISIS 2013(中国・大連)出展レポート

カテゴリー: イベント, 海外展開   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

CISIS 2013会場先日の記事でお伝えしたとおり、IIJグループは、2013年6月20日~23日に中国・大連で開催された中国最大規模のITイベント「China International Software and Information Service Fair(CISIS)2013」に出展しました。

IIJが中国の大きなイベントに参加するのは、これが初めてです。私(プロモーション部の袁)も、応援スタッフとして現地に飛びました!

日系企業も多数出展

半年前の日中間での出来事からチャイナシフトとも言われていますが、予想外にも、日本からはITの大手ベンダーを含め20社以上が出展していました。
IIJは日経BP社が幹事会社である「Global IT Pavilion – Japan – 」に出展。IIJブースには、IIJグローバルソリューションズの上海現地社員と、日本からの応援スタッフが待機し、IIJ GIO CHINAサービスを中心に説明を行いました。
ブース来訪者は、日系企業、日系ITベンダー、中国ローカル企業等様々でした。クラウドはこれから普及していく段階と思われ、IIJ GIO CHINAサービスについて利用メリットから各機能まで、とても真剣に聞く方が多かったのは印象的でした。

CISIS 2013のIIJブース

パネルディスカッションで奮闘

CISIS会場では多くのセミナーも開催されます。そのうち日経BP社主催「中日IT企業交流会」のパネルディスカッションには、弊社グローバル統括部 大導寺が参加。パネラーは、大連ソフトウェア産業協会理事長 李氏、JBCCホールディングス最高顧問 石黒氏、ドリームアーツ代表取締役社長 山本氏、司会は日経BP執行役員の桔梗原氏と重鎮の方々です。
弊社 大導寺は、IIJ GIO CHINAサービスの立ち上げ段階から携わっており、日系企業のクラウド適用事例やその背景を話しました。IIJ GIOは日本国内でパートナー戦略を推進していますが、中国でもこれまでの経験を活かし、パートナー様と共に中国での事業展開をしていきたいというメッセージを説明しました。

CISIS 2013のパネルディスカッション

7/11:IIJ主催「中国進出支援セミナー」のご案内

今回の出展では、中国IT・クラウド市場の最新事情、日系企業を取り巻くリスク、海外でのより有用なクラウド利用など認識を新たにしたことが少なくありません。こうした経験を踏まえて、中国でのビジネス機会をクラウドで攻略するパートナー様向けセミナーを開催します。これまでのクラウド導入適用事例やパートナー向け支援メニュー等についてご説明しますので、ぜひご参加ください。

2013年7月11日(木)16:00~ IIJ本社(東京)・無料
セミナー概要及びお申し込みはこちら

プロモーション担当者としての感想 – 「日中を超えて」

中国のイベントは日本よりグローバルでした。主催者の昨年度報告によると、約3万人の来場者の半数は海外からです。実際IIJブースに来られた方は中国人、日本人、インド人、アメリカ人、アフリカ人等多国籍でした。
また、イベント期間中に開催された合計50本のセミナーはほとんど英語で行われ、英語でない場合は必ず英語の通訳が付いています。特に驚いたのは、登壇した中国人のプレゼンターはUSのトップスクールで学んだ方が多く、英語がとても上手くボキャブラリも豊富で、欧米人と互角にディベートしていることです。

中国の企業は我々の想像以上に速いスピードでグローバル化しています。かつて、安かろう悪かろうと言われた中国企業の製品・サービスも、この10年間で確実に進化し続けています。日本企業がグローバル市場でどう戦うのか、日本企業の強みをどう維持するのか、真剣に考えないといけない時が来たと感じています。

私は、中国市場に日本の品質は受け入れられると確信していますが、海外の変化のスピードは驚く位に速くなっています。そのスピードに対応できるよう、IIJは日本企業が海外進出する時の強力なパートナーとして支援体制を強化していきたいと思います。


本イベントの模様が下記サイトでも詳しく紹介されています。ぜひご覧ください。

(プロモーション部 袁)

コメントは受け付けていません。