クラウドアジア2013に出展します!

カテゴリー: イベント, 海外展開   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事の最後に、シンガポールで開催されるクラウドアジア2013(Cloud Asia 2013)無料招待券のご案内があります。
【5/1追記:お申し込みの受付は終了しました】

新年度になり今月も半分が経過しました。2013年度のIIJのプレスリリースでは、具体的な海外ビジネス展開に関するニュースを発信しています。

クラウド関連では、欧州でも通信品質の高いインターネット接続環境が整備されたことにより、欧州でのクラウドサービス提供に向けたサービス基盤の構築を進めていきます。また中国では、既に提供されているクラウドサービス「IIJ GIO CHINAサービス」にゲーム配信のためのインフラ構築、運用などの技術サポートを提供。国内No.1クラウド(※)の「IIJ GIO」も海外へ加速し始めています。

海外では、特にアジアのクラウド市場の盛り上がりには目を見張るものがあり、KPMG社のレポートでは「クラウドの投資は、スカイロケット(打ち上げ花火、急騰する)のようだ!」、Ovum社(リサーチ・コンサルティング会社)によると「アジア太平洋地区でのパブリッククラウド市場は、1兆2,000億円(換算レート 1米ドル = 99.66円)」など、勢いのある言葉で綴られています。

Cloud Asia 2013そのような流れの中、2013年5月14日(火)-17日(金)にシンガポールで開催される「Cloud Asia 2013(クラウドアジア2013)」にIIJが出展することになりました。このイベントは、アジア太平洋地区で唯一のお客様ドリブンのクラウドイベント(主催者発表)とされており、様々な産業分野でのクラウドの事例や考察が発表されます。

IIJからは、2日目の5/15(水)16:10より「Japan Cloud Computing Market Status and Outlook – Providing Total Customer Experience of IaaS for the Enterprise Market」のタイトルでマーケティング本部長の松本よりプレゼンテーションをさせていただきます。

シンガポール

IIJ GIOで我々が経験してきたこと、エンタープライズのお客様の中のTCE(トータルカスタマエクスペリエンス)等のお話をする予定です。このイベントは、すべて英語で行われますので、本プレゼンテーションも英語になりますが、シンガポールの地で日本のクラウドの現状や日本のお客様のクラウド活用を把握するにはとてもよい機会だと思います。シンガポールオフィスにいらっしゃるお客様やパートナー様などへも、ぜひご紹介をお願いします。
海外ではよくある比較的高額な有料イベントですが、無料招待券を用意しています。数に限りがありますので希望者多数の場合は抽選になる可能性もございますが、必要な方はメール(gio-eventアットマークiij.ad.jp)でお問い合わせください。
それでは、シンガポールでお会いしましょう。

【5/1追記:無料招待券お申し込みの受付は終了しました】


※富士キメラ総研 2012年7月25日発刊「富士マーケティングレポート・BT 急成長するパブリッククラウド(HaaS/IaaS)の現状と将来展望」にて、2011年度日本国内パブリッククラウド全体売上No.1を獲得しました。

(グローバル統括部 清水)

コメントは受け付けていません。