リテールテックJAPAN2013 出展レポート

カテゴリー: POS, イベント   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

リテールテックJAPANに初出展

リテールテックJAPNのIIJブースにてリテールテックJAPAN」は毎年3月に開催され、POSからデジタルサイネージまで、あらゆる流通情報システムが出品される日本最大級の展示会です。
今年の「リテールテックJAPAN2013」は、2013年3月5日(火)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催されました。
IIJは初めて出展し、iPadを使ったクラウド型POSシステム「IIJ GIO POSサービス」をご紹介しましたので、その模様をお届けします。

IIJ GIO POSサービスについては、先日の記事「POSシステムを「自由」に「スマート」に」もぜひご覧ください。

ショート体験プログラムが大人気!

体験コーナー今回は、アメリカの有名なスポーツウェアブランド「UNDER ARMOUR」とコラボし、スタイリッシュな「次世代専門店」風のブースを企画しました。
「次世代POSスタイル 5分でリアル体験」コーナーでは、店員役の説明スタッフが実際の商品を手に取り、iPadやiPad miniを使ったPOSレジ操作をデモンストレーション。お客様にも画面を触っていただきながら、店舗管理や会員向けプロモーションも交えて、次世代のPOSスタイルを楽しく体感いただきました。(IIJブースの様子が、3月7日の日経新聞朝刊にも取り上げられました)

体験コーナー

ソリューションステージにて講演

3月7日には、弊社第二事業部営業部の清水が「”高額ハードから低額サービスへのパラダイムシフト”を実現するiPadを利用した高機能クラウド型POSサービス」と題して、会場内のソリューションステージで講演しました。

まず、POSシステムを導入済みまたはこれから検討されるお客様の課題として、以下の3つがあることを指摘。

  1. 導入費用・管理コストが高額
  2. 売上向上につながる仕組みがほしい
  3. 販売スタイル/販売チャネルを多様化したい

これらの課題に対し、IIJ GIO POSサービスは「機能の組合せの柔軟性」、「販促施策の即効性」、「高い携帯性とセキュリティ」によりお客様にとって最適なソリューション提案できると説明しました。
また、今夏に提供予定の三菱UFJニコス様が提供するクラウド型マルチ決済システム「J-Mups」との決済連携機能を発表しました。

今後に向けて

2013年のITトレンドを示すキーワードとして、クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータが挙げられるでしょう。本イベントを通じて、流通業界におけるお客様の関心がモバイルデバイスの活用、売上・顧客データ分析へシフトしつつあることを強く感じています。

IIJ及びIIJ GIO POSサービスの認知度はまだまだですが、今後、お客様のニーズに合わせたサービスラインナップの充実及び品質向上により一層努めてまいります。ぜひご期待ください。

(プロモーション部 袁)

コメントは受け付けていません。