連載中国:第3回 中国でのクラウドサービス展開

カテゴリー: サービス情報, 海外展開   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

3回にわたり、中国より最新情報をお伝えしています。


初めまして。IIJ Global Solutions China GIO事業部の西山です。
2013年1月21日から、中国で「IIJ GIO CHINAサービス」の提供を開始しました。日本で提供しているIIJ GIOと比べれば、まだまだ機能が限定されていますが、今後サービスラインナップの拡充を図っていく予定です。
以下、これまでの弊社の取り組み、重要な技術要素、初期リリース時のサービスラインナップについてご紹介します。

中国でのクラウドサービス展開の背景

これまでIIJは日本国内に特化したクラウドサービス展開を進めてきましたが、近年の日本国内経済の停滞と円高傾向、それに呼応する形でのお客様の海外進出需要の高まりを受けて、積極的に海外展開を図っていくことになりました。
2012年3月には米国向けクラウドサービス「IIJ GIO USサービス」をリリースし、ご好評をいただいております。そして今回、海外向けサービス展開第2弾として、お客様ニーズの高かったここ中国上海でクラウドサービスの提供となりました。

ビジネススキームの構築

2012年1月、IIJグループ企業である艾杰(上海)通信技術有限公司(IIJ Global Solutions China Inc.)は、株式会社IIJグローバルソリューションズ(本社所在地:東京都千代田区神保町)の100%子会社として設立されました。

IIJ Global Solutions China会社概要

中国で、企業がクラウドサービスを展開するためには事業免許が必要となりますが、外資系企業、特に外資資本比率51%以上の企業がこの免許を取得することは困難です。こうした中国独自の法規制に準拠するため、IIJは中国国営通信会社と共同でクラウドサービスを提供することになりました。

お客様、IIJ Global China 中国国営通信会社の三者契約

南北問題の解決

中国には、今回IIJが業務提携したチャイナテレコムとチャイナユニコムという国営2大通信キャリアがあります。この2大通信キャリア間の相互接続帯域が逼迫しているために生じる接続遅延が、ビジネスでインターネットを活用する企業にとっての大きな課題となっています。
かつてサービスエリアが中国北部地域中心であったチャイナユニコムと、サービスエリアが中国南部地域中心であったチャイナテレコム間の相互接続性に関する問題であることから、業界では通称「中国のインターネット南北問題」として認知されています。(現在は両社とも中国全土でサービスを展開しています)
IIJが中国でクラウドサービスを展開するにあたって、このインターネット接続性に関わる問題解決を最優先と捉え、IIJ GIO CHINAサービスでは南北問題を解決したインターネット接続環境を提供いたします。

本サービス適用前

チャイナテレコムの利用者がチャイナユニコムに接続している公開サイトを訪問する場合、相互接続部分が輻輳している時間帯はアクセスが遅くなったり、つながりにくくなったりすることがあります。チャイナユニコムの利用者がチャイナテレコムに接続している公開サイトを訪問する場合も同じです。

本サービス適用前

本サービス適用後

チャイナテレコムの利用者が公開サイトを訪問する場合、チャイナテレコム経由となります。チャイナユニコムの利用者が公開サイトを訪問する場合、チャイナユニコム経由となります。

本サービス適用後

サービスラインナップ

IIJ GIO CHINAサービスでは、ベースサーバとして仮想・物理を選択できます。仮想サーバタイプは、CPU性能・メモリ容量・ディスク容量・OSを選択可能です。
基本スペックは、下記サービスサイトをご覧ください。

南北問題解決型インターネット接続サービスには、データトラフィックに対する従量課金メニューがあります。一定データ通信料込みの基本プランと各超過データ量に基づく従量課金プランで、お客様のシステム要件にあわせて3つのプランから選択いただけます。

南北問題解決型インターネット接続サービス
基本プラン 基本料金
(基本料込データ量)
従量課金
トラフィック課金タイプA
(ベーシック)
300元(30GB) 10元/GB
トラフィック課金タイプB
(スタンダード)
2,000元(200GB) 6.5元/GB
トラフィック課金タイプC
(アドバンスト)
7,000元(1TB) 4元/GB

クラウドサービスはIIJ海外事業推進のコアではありますが、我々IIJは単なるクラウドベンダーではありません。お客様が実現したいIT環境をより早く、低コスト、高品質で実現する手段としてクラウドサービスを有効活用いただく姿勢で取り組んでおりますので、ぜひお気軽にIIJグループ担当営業までご相談ください。

(IIJ Global Solutions China 西山)

コメントは受け付けていません。