Windows Server 2012を利用できるようになりました

カテゴリー: Windowsサーバ, サービス情報   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

20121212日より、IIJ GIOのWindowsサービスラインアップを強化します。

IIJ GIOコンポーネントサービス ベースサーバのWindowsプラットフォームについて、従来のWindows Server 2003 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2に加え、新たにWindows Server 2012の提供を本日より開始いたします。

新しいWindows Server 2012では、ユーザインタフェースを始め、様々な機能が強化されています。今回はその新機能についてご紹介したいと思います。

新しくなったUIとサーバマネージャ

Windows Server 2012のスタートメニュー

Windows Server 2012を起動すると、典型的なModern UIスタイルのウィンドウが表示されます。Windows 7までの、ウィンドウの角はより丸く、より透明感のあるデザインに進化してきたUIに代わって、突然角ばった原色調のウィンドウになったことにまず驚かされます。
サーバマネージャを起動するには、Windows Server 2008同様タスクバーから起動する方法と、スタートメニューから起動する方法があります。しかし、Windows Server 2012のGUIにはかつてのようなスタートボタンはありません。スタートメニューを表示するには、マウスカーソルを画面の左下の隅に合わせると表示されるポップアップをクリックするか、画面右上または右下にマウスカーソルを移動することで表示されるチャームバーからスタートメニューのアイコンをクリックします。

サーバマネージャから、ネットワークや、ドメイン構成の設定や、役割や機能を追加していきますが、Windows Server 2012のサーバマネージャの最大の特徴は「複数のサーバを管理できる」ことです。
Active Directoryドメインに参加しているサーバであれば、リモートのサーバもローカルサーバと同様の管理が可能です。ダッシュボードから「管理するサーバの追加」を選択し、管理対象のサーバを追加することで、すぐにサーバのリモート管理が可能となります。複数のサーバをグループ化して、まとめて管理することも可能です。

強力なPowerShell ISE

もう1つ、Power Shellも大幅な管理機能の向上を遂げました。バージョンが3.0になり、コマンド数が2,330以上と、これまでの10倍以上に増えている点も気になるところですが、見た目の上でも大きく変更されています。PowerShell ISE(Integrated Scripting Environment)です。
従来のPowerShellはDOSコマンドプロンプトとほとんど変わらないインタフェースでしたが、PowerShell ISEはVisual Studioのような画面構成で、実行するスクリプトの選択などもGUIで行うことができます。インテリセンスも搭載され、スペルや引数をいちいちコマンドで調べなくても良くなったのが大変便利です。

PowerShell ISE

PowerShell ISEの画面イメージ

また、画面上にスクリプトウィンドウを表示することができ、ウィンドウを切り替えることなく動作を確認しながらスクリプトの記述ができます。部分実行やブレークポイントの設定も可能で、Visual Studioの多くの基本機能を持っています。
これほどの機能がOSに標準で搭載されるところに、マイクロソフトのPowerShellに対する“本気”を実感できるのではないでしょうか?

IISはバージョン8.0へ

IISも大幅に強化され、バージョンが8.0に上がりました。Windows Server 2012に標準でインストールされている.NET Frameworkのバージョン4.5では新たに「WebSocket」がサポートされており、html5時代のリアルタイムアプリケーションの稼働も問題ありません。
その他、IIS8.0ではSSL関連の機能が大幅に刷新されており、複数のサーバを分散稼働させるWebガーデンにおいて複数のSSL証明書を一元的に管理できるようになりました。

Windows Server 2012の変更点まとめ

カテゴリ 主な機能 内容
ストレージ機能 記憶域プール 複数のディスクを束ねて使用可能
仮想ディスク 実容量以上の領域の割り当てが可能
NTFSの機能強化 パフォーマンスの向上、信頼性の向上を実現
ReFS 大容量ファイルへの対応、損失データの復旧
オフロードデータ転送 サーバを介さずストレージ間でデータ転送
ネットワーク機能 NICチーミング 複数のネットワークカードをOSでチーミングする機能をOSでサポート
SMB3.0 信頼性の高いファイル共有、冗長化対応、スループット向上
管理機能 Windows8スタイルの採用 Windows8のGUIをWindows Server 2012でも採用
サーバマネージャ 複数のサーバが一元管理できるようになった
PowerShell3.0 コマンドレットが10倍以上に増加。Windows PowerShell ISEによるGUI環境でのPowerShellの使用
アプリケーションサーバ IIS8.0 Webガーデンにおいて複数のSSL証明書を一元的に管理
WebSocket WebSocket対応アプリケーションの稼働
WebDeploy3.0 デプロイ時のオフライン化と自動バックアップ

マイクロソフトはWindows8と合わせて、Windows Server 2012をWindows95以来最大規模のバージョンアップと位置付けています。実際に提供開始されるまでは、OSや仮想化の分野で近年になく強力なライバルの脅威に晒されているマイクロソフトの単なるプロモーショントークであろうと見られたりもしましたが、使ってみるとWindows95以上のマイクロソフト史上最大規模の機能を実感します。従来の製品の不満点や、他製品に比べて見劣りしていた点がことごとく解消され、マイクロソフトらしい改善も多く見られます。かなりの広範囲のユーザにとって、バージョンアップの恩恵が得られるのではないでしょうか。

クラウド無償パイロットサービスも好評受付中

さて、そんなWindows Server 2012を無償でお試しいただけるパイロットサービスも、好評ご提供中です。実際にご利用いただいたお客様からは

「新しいUIやサーバマネージャは、従来バージョンと比較して機能が再配置・統合されており、最初は戸惑いを感じるが、慣れれば問題ない」
「想像以上に仮想マシンのレスポンスが良く、オンプレミスと同等の環境で使用できる」
「今後は、複数の仮想マシン連携による障害時の自動切替やロードバランシング、既存環境とのハイブリッドクラウドに期待する」

といったご意見を頂戴しており、ますます身が引き締まる思いです。

Windows Server 2012 クラウド無償パイロットサービス

これまでWindows Serverの利用を避けていた方、不満を持ちながらも使い続けてきた方もいらっしゃると思いますが、今回のWindows Server 2012はひと味違いますよ。

(プロダクトマーケティング部 荻久保)

コメントは受け付けていません。