アキュテクス「Amanda Enterprise」でクラウドバックアップ

カテゴリー: サービス情報, ストレージ, パートナー   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。GIOマーケティング部の品田です。
先日の記事(マクニカネットワークス「StorSimple」がIIJ GIOストレージをサポート)に続いて、「IIJ GIOストレージサービス FV/S」との連携をサポートした製品「Amanda Enterprise(アマンダ エンタープライズ)」を紹介します。

アキュテクス/Zmanda

左はアキュテクス、右はAmanda Enterpriseを開発するZmanda

本製品は、日本国内では株式会社アキュテクスが販売しています。IIJ GIOストレージサービス FV/Sのサポート開始にあたって、両社で技術協力をしました。共同プレスリリース(2012/2/16付)をしていますので、よろしければそちらもご覧ください。

アキュテクスの主要事業

アキュテクス坪井様

株式会社アキュテクス 代表取締役社長 坪井義浩様

今回の一連の取り組みを推進し、取材を受けてくださったのは、アキュテクス 代表取締役社長 坪井義浩様です。会社の事業状況を見つつ、新しい取り組みに挑んでいらっしゃいます。
アキュテクス様は、ソフトウェアの受託開発やパッケージ化したソフトウェアの販売・構築を中心に事業を組み立てられています。最近では、クラウドサービスと組み合わせた受託開発が多いそうです。
社員はほぼ技術系のメンバーで構成されており、プリセールスから開発、サポートまで一貫して対応しています。そのため、依頼内容の認識違いが少なく、品質の高い開発力を提供しています。IIJからの受託開発案件にも関わっていただいた実績があります。
では、今回のアキュテクス様との技術協力の取り組みで、具体的になにが実現できたのか紹介します。

柔軟なバックアップソフトウェアがクラウドストレージをサポート

「Amanda Enterprise」は、ネットワークに接続された多種多様なOS/データベース/アプリケーションのデータを、定められたスケジュールに従ってクラウドストレージにバックアップできる製品です。また、OSSをベースに作られたソフトウェアのため、標準的なデータフォーマットを採用しています。他社のバックアップソフトと異なり、「Amanda Enterprise」を利用しなくてもバックアップデータをリカバリできる柔軟さも持ち合わせているのが特長です。
さらに、データのバックアップ先として、従来通りテープ装置やディスクストレージを選択することができますが、クラウドストレージも一部選択できます。既に「Amazon S3」をサポートされており、今後は「IIJ GIOストレージサービス FV/S」も選択できるようになりました。「Amanda Enterprise」をご利用の際のバックアップ先には、ぜひIIJ GIOをお選びください。

クラウドストレージを選ぶメリット

対象クライアントから物理的に離れた環境にバックアップさせるには、遠隔地にデータセンター(必要なネットワークやサーバ、ストレージ類も含む)を必要とします。既に環境を持っていれば少ない投資でバックアップ環境を構築できると思いますが、環境を新設するとなると簡単ではありません。クラウドサービス(今回ではクラウドストレージ)を利用すれば、バックアップ環境新設の費用面のハードルを下げることができます。
また、データ容量に応じてストレージスペースを柔軟に拡張できるため、今までバックアップストレージに要していた運用管理コストを大幅に抑えることも期待できます。

「Amanda Enterprise」を国内販売し始めた理由

米Zmanda社写真

米Zmanda社 本社前にて

国内販売に踏み切ったポイントは、「Amanda Enterprise」がパッケージソフトであり、販売競争力のある製品であることだったそうです。OSSをベースに作られていることから導入も容易で、他社製の商用バックアップソフトと比較して非常に安価に提供できる、という見方をされていました。「価格が高いからいい製品ではない。バックアップソフトウェアの市場はまだ成熟していない領域」というコメントが印象的でした。
また、海外での利用実績の多さも国内販売を後押ししています。海外では、教育・公共機関、そして大手通信事業者など、数多くのシステムのバックアップに採用されているそうです。

IIJ GIOはなにがいいのか?

IIJ GIOのサービス品質以外に、以下のようなポイントを評価いただいていました。

  1. 国内のREST API型クラウドストレージであること
  2. 円建てで請求書払いであること
  3. データ転送量やリクエスト数で課金されないこと
  4. パートナーによる再販モデルがあること

1~3については、クラウドサービスを利用する際に、多くの国内企業が意識するポイントです。4は、販売拡大のチャネルがあるか、ということでしょう。

担当者の紹介

坪井様は中学生の頃から電子工学に親しみ、最近ではマイコン製作を趣味としているそうです。趣味に関連して、『Software Design(技術評論社)』で「秋葉原発! はんだづけカフェなう」を連載されています。同誌の2012年3月号では、「第1特集 第6章:Disaster Recoveryの1つとして」の中で「Amanda Enterprise」や「IIJ GIOストレージサービス FV/S」が触れられていますので、こちらも宜しくお願いします。

「Amanda Enterprise」について詳しくは

製品サイト:http://zmanda.jp/amanda-enterprise-edition.html
お問い合わせ:TEL:076-249-6301 / Email:zsales at accutechs.co.jp

(GIOマーケティング部 品田)

コメントは受け付けていません。