パートナー便り:エレコム「SureAx(シュアックス)」

カテゴリー: サービス情報, ストレージ, パートナー   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

エレコム株式会社様を訪問

今回はIIJ GIOのソリューションパートナーである、エレコム株式会社を紹介します。

エレコム本社 受付前にて

エレコム本社 受付前にて

エレコムさんはマウスやキーボード、スマートフォンのケースなどデジタル周辺製品やオフィス用品を多数手掛けている、皆さんにもお馴染みの会社です。
メーカーとしての印象がとても強いですが、実はアプリケーション開発にも力を入れています。スマートフォン用アプリの「スケジュールストリート」を筆頭に、業務効率系など様々なアプリケーションを約20タイトル提供しています。

そんな魅力的なアプリケーションの数々を生み出しているのが、新規ビジネス開発課の皆さんです。新規事業への挑戦をミッションに、個性豊かなメンバーが日々様々なアイディアをビジネス化、製品化しています。
その中から生まれたのがIIJ GIOを基盤とした初の法人向けクラウドサービス「SureAx(シュアックス)」です。

情報共有クラウドサービス「SureAx(シュアックス)」

「SureAx(シュアックス)」は、スマートフォンやタブレット、PCで情報共有を変えるクラウドサービスです。ドキュメントファイルのみならず、電話帳、スケジュール帳、写真、動画、音声、テキストメモを各端末からリアルタイムかつセキュアに閲覧することができます。インターネットがつながる環境であればどこからでも情報を取り出せるので、業務効率の向上につながります。
また、すべてのデータはIIJ GIOに保管されるため国内の堅牢なクラウドデータセンターで守られますし、アプリケーションが都度取り出したデータを削除するため端末にデータを残しません。そのため、外出先などでの端末紛失に対する情報漏えいリスクを軽減することができます。

IIJ GIOの安定性と実績に期待

今回のサービスを開発するにあたり最も考慮したのが基盤部分だったそうです。サービスを継続提供するビジネスは会社としても初めての試みだったため、アプリケーションに合わせて柔軟に拡張ができ、セキュアで堅牢な安心して利用できるクラウド基盤をお探しでした。
何社かクラウドベンダを比較した結果、サービス基盤としての実績や安定性を評価され、IIJ GIOを選択いただきました。また、IIJ営業フロント(関西支社 木場)の対応が迅速で良かったとの言葉もいただきました。

デジタル機器の利便性を向上させるための道具はハードもソフトも同じ

これまで、マウスやキーボードなどのハードウェア製品を中心にビジネス展開をされてきたエレコムさんですが、今回は初となる法人向けSaaSビジネスへ進出されました。初の試みに当初周囲からは疑問の声も上がったようです。しかし、「デジタル機器の利便性を向上させるための道具はハードもソフトも同じ。今回はハードがソフトに置き換わっただけ。エレコムとしてSaaSビジネスを展開するのも当然のこと。」という担当者の方々の熱い想いが周囲にも伝わり、今回のサービスリリースに至りました。
IIJもエレコムさんの熱い想いに応えられるよう、今後も新しいビジネス展開のお手伝いができればと考えています。

たくさんの受賞歴

iF Product Design AwardやBCN AWARDなどを数多く受賞

担当者の紹介

最後になりましたが、今回「SureAx」の企画/開発を担当された方々を紹介します。
新規ビジネス開発課 課長代理 酒井隆博様と同主任 松田康司様です。

酒井隆博様

酒井隆博様

酒井様は主に課のマネージメントを担当されていますが、様々な企画に積極的に参加されています。プライベートでは、トライアスロンやバンドなど多趣味でアクティブな方です。
松田様は企画から営業までこなされるオールラウンダーです。システム基盤の知識が豊富で、今回のサービス立ち上げではIIJと一緒に基盤設計に携わっていただきました。プライベートでは、プログラムを書くのが得意で、休日にはWebサイトなどを作成されているようです。
一見タイプの異なるお二人ですが、そんな二人が組むことで広い視点から企画をすることができ、良いサービスができ上がったのだと実感しました。

エレコム「SureAx(シュアックス)」について詳しくは

製品サイト:http://www.elecom.co.jp/sureax/
お問い合わせ:SureAxのお問い合わせはこちら

(文:市場開発部 白鳥、写真:GIOマーケティング部 品田)

コメントは受け付けていません。