ホスティングパッケージに新NASオプションと高速ストレージオプションを追加

カテゴリー: サービス情報, ホスティングパッケージ   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。IIJ GIOホスティングパッケージサービス開発リーダーの田口です。

今回は、2011年10月4日にリリースされたIIJ GIOホスティングパッケージサービスの新オプションについてご紹介します。

バックアップ機能を備えたストレージ(NAS/Bオプション)を提供開始

たいへん多くのご要望にお応えして、バックアップ機能を備えたストレージが新しいNASオプションとしてリリースされました。その分スペックが変更され、容量は100GB, 300GB, 500GBからの選択式となっていますが、同容量のバックアップ領域がオプション料金に含まれているので、一世代分のフルバックアップが可能です。

バックアップ機能

さて、バックアップがとれたらリストアの話題も欠かせません。NAS/Bオプションには二通りのリストア手段が提供されます。一つは一番最近バックアップを行った時点まで全ファイルの状態を巻き戻すフルリストアを行う方法、もう一つはバックアップ領域を通常のファイルシステムとして参照し、必要なファイルだけを個々にリストアする方法です。後者は仮想サーバからNFSサーバとして参照できるため、通常のファイルコピーでのリストアが可能です。

一括リストア
個別リストア

なお、NAS/Bオプションのバックアップとリストアは、どちらも契約者専用のWebページ(IIJサービスオンライン)から設定・実行できます。

データベース用途に特化したストレージ(HS300GB)の提供開始

ストレージに○○用なんてあるの?と思われた方もいるかもしれませんが、あるんです。ハードウェアとして専用の機材があるわけではありませんが、構成次第で安価かつ大容量だったり、読み出し性能に特化させたり、はたまたデータベース用途に細かなデータの書き込み性能を向上させたりといったことが可能です。

今回ご提供を開始した追加ディスクオプションは、データベースサーバで行われるディスクアクセスのパターンを考慮し、そういった用途に特化して性能向上を図ったストレージになっています。また、データベースの性能はとかくディスク性能に依存しがちですが、その点も考慮して従来に比べて安定的に性能を発揮できるように設計されています。

ご利用の際は仮想サーバを契約するとき、追加ディスクオプションの一覧から「HS300GB」を選択してください。

このほかにもFW+LBオプションに40Mbpsのグレードが追加されるなど、細々としたアップデートが行われています。詳しくは下記サービスサイトをご覧ください。

今後もIIJ GIOホスティングパッケージサービスには続々と機能が追加されていきますのでご期待ください。

(アプリケーションサービス部 田口 景介)

コメントは受け付けていません。