ワイヤレスジャパン2011レポート

カテゴリー: イベント   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

GIOマーケティング部の加藤です。
IIJは、5/25(水)~5/27(金)に東京ビッグサイトで開催中の「ワイヤレスジャパン2011」に出展しています。今回は、初日のIIJブースの様子をレポートします。

IIJブース赤ずきんちゃん

「え、ワイヤレスとクラウド?なにか関係あるの?」と思った方もいるかも知れませんが、ワイヤレス≒業務端末としてのスマートデバイスということなら、「ワイヤレスだからクラウドであるべきだ」とわたしたちは考えています。ブースの紹介をしながら、その理由を説明したいと思います。

今回の展示では「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」をご紹介しています。
これは、iPadなどのスマートデバイスを安全に「使う」、「つなぐ」、「管理する」ためのソリューションです。

まず「使う」ですが、これを実現するのが「Mobile Application Gateway」です。
これはiPadなどのスマートデバイスから、お客様の既存の社内システムを利用していただくためのソリューションです。
社内システムを変更する必要もなく、スマートデバイス用アプリケーションの開発も不要ですので、短期間で導入可能です。
「Mobile Application Gateway」はその仮想デスクトップ環境の基盤をIIJ GIOにおき、お客様システムとIIJ GIOの間をVPNで接続することにより実現されます。
仮想デスクトップ環境ですから、スマートデバイス側にデータが残ることはありません。
Excelファイルなどが入ったデバイスを紛失して大変なことに……ということがありません。
だから、「ワイヤレスだからこそクラウドであるべき」と考えているのです。

モバイルWi-Fiルータ

ところで、「ではIIJ GIOとスマートデバイスの通信のセキュリティは大丈夫なの?」と思われるかもしれません。そこで、安全に「つなぐ」ために、閉域型リモートアクセス「IIJダイレクトアクセス」を使用します。
閉域型リモートアクセスとは、スマートデバイス等より、IIJモバイルを用い、IIJバックボーンを経由して、IDゲートウェイに接続することで、インターネットから直接は攻撃できない経路で、安全なVPN接続を実現するものです。
さらにIIJモバイルの「モバイルWi-Fiルータ」を使用することで、無線LANのみのデバイスも安全に接続できます。

さらに「でも、端末の紛失とかは、やっぱり心配だよね」という声には、安全に「管理する」、「IIJ Smart Mobile Managerサービス」でおこたえします。
iPadの管理システムをクラウド側でご用意し、盗難/紛失時の端末のロックや消去、配布端末の一括設定、自社開発アプリの配布などを、管理用Web画面を通じて行っていただけるものです。

この安全に「使う」、「つなぐ」、「管理する」の三位一体が「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」なのです。

IIJブース

取材時は、初日、平日、午前中ということで、どんな出足かなと思っていましたが、開場当初よりかなりの大盛況でした。

赤ずきんちゃんとSEILクラウドEXPOですっかりおなじみの赤ずきんちゃんも引き続きブースを盛り上げてくれています!
(手に持っているのは、ブースで出展しているIIJ開発の高機能ルータ「SEIL(ザイル)」です)

また、明日(5/26)13:35からは、どういうわけかIIJブースから一番離れた展示会場内C会場で、「スマートデバイスの業務利用を実現するクラウドを活用したインフラの構築の手法」というタイトルで、弊社マーケティング本部の青山がセミナーを行います。
事前登録で満席ですが、立ち見もOK!とのことなので興味のある方はぜひセミナーにお越しください。
セミナーの時間と合わないという方は、ブースに来ていただければ、赤ずきんちゃんがお出迎えのうえ社員が熱く説明をしてくれるはずです。

ぜひワイヤレスジャパン2011のIIJブース(小間番号:B-101)へ足をお運びください。

(GIOマーケティング部 加藤)

コメントは受け付けていません。