「IIJ GIOソリューションフォーラム 2011」レポート-後編

カテゴリー: イベント   パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続き、2/24に開催したIIJ GIOソリューションフォーラム2011のソリューショントラックについてレポートします。

ソリューショントラックでは、iPadやスマートフォンの業務活用を可能にする「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」をテーマに、パートナーソリューションと事例をご紹介しました。

インフォテリア平野氏の講演風景S-1セッションはインフォテリア 平野氏による『Handbookが拓く、ビジネススマートモバイルの時代~スマートフォンが企業ITを変える~』です。

現在、スマートフォンは爆発的な広がりを見せています。モルガン・スタンレーによる調査では、2012年にはスマートフォンの出荷台数が全PCの出荷台数を超えるとまで予想されているそうです。実際、平野氏が講演中に来場者の方々に挙手を求めたところ、会場の半分以上がスマートフォンユーザでした。もちろん会場に最新技術に敏感な方が多かったということもありますが、この急速な市場の拡大には驚かされます。

話題のスマートフォンはクラウドと組み合わせることでビジネス現場の重要なツールになると考えられますが、平野氏は更に、スマートフォンがもたらす社会的影響にも言及しました。
スマートフォンを用いることで、これからの時代は個人の才覚が強く発揮されることとなり、20世紀の「規律・統制・階層」型組織から、「強い個人」によって支えられる組織に変化するそうです。

ますます熱い今後が予想されるスマートフォンですが、App Storeでさえ未だにアプリのほとんどが非ビジネス用途であり、まだまだこれから市場開拓の余地があるそうです。

そんな中、インフォテリア社はいち早くスマートフォン向けソリューション「Handbook」を提供しています。「Handbook」とはクラウド上で文書、資料を手軽に作成・編集し、スマートフォンへの配信・閲覧を可能にするサービスです。講演の最後に「Handbook」の紹介をしていただきました。なお、こちらはIIJ GIOのクラウドサービスとして提供可能です!

S-4セッションは弊社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング部長 神田による『iPadの業務利用を実現するインフラ構築の手法』です。

IIJ神田の講演風景iPadなどのスマートモバイルデバイス市場は急速に拡大し、業務利用を検討される企業も数多くいらっしゃいます。
しかし、基調講演でも話題に挙がったように、セキュリティ面で導入を懸念されている企業が非常に多いのが現状です。
この講演では、「使う」「つなぐ」「管理する」の3つのキーワードをベースに、iPadなどのスマートデバイスの業務利用に必要なポイントをご紹介しました。

モバイル無線LANルータ「FS810WR」まず「つなぐ」は、iPadとモバイル無線LANルータを利用したリモートアクセスのご紹介。
弊社では、IIJダイレクトアクセス(閉域型接続)もしくはVPN接続でご提案しています。
なお、このセッションで紹介した弊社の新モバイル無線LANルータ「FS810WR」は、デモブースにも展示され、講演が始まる前から多くの方の注目を集めていました。

次に「使う」は、Citrix Xen Appを利用した仮想デスクトップ接続のご紹介。
IIJ GIOで提供される仮想デスクトップ環境を利用して、IEやWindowsアプリなど既存の情報システム資産を、iPadなどのスマートデバイスで活用する手法についてご紹介しました。

展示コーナーデモ風景最後の「管理する」は、モバイル端末の遠隔管理(Smart Mobile Manager:SMM)についてのご紹介。
SMMは、iPadなどのスマートデバイスを遠隔で一括管理するサービスです。デバイスのロックやデータ消去などのセキュリティ機能の他、機能設定の遠隔適用も可能です。iPadやAndroid端末など、OSの異なる端末を一括管理できるのも特長の1つです。
講演後、多くの方に興味を持っていただき、デモを体感していただきました。
来場者の皆さまのセキュリティ管理に対する意識の高さを改めて感じました。
なお、「IIJ Smart Mobile Manager」は2011年4月30日まで無料で試験サービスを行っております。興味がある方はぜひチェックしてみてください!

その他にも以下の各社の講演がありました。

ブイキューブ間下氏の講演風景S-2セッションでサイボウズ 中光氏による『スマートフォンワークスタイルの進化と日本の次世代チームワーク』、S-3セッションでブイキューブ 間下氏による『V-CUBEが実現!新時代のモバイルコミュニケーション』、S-5セッションで野村総合研究所 寺田氏による『グループ/グローバル規模での情報共有と認証基盤』と続きました。

全体を通じてiPadに対する来場者の関心度は非常に高かったと思います。
一方で「導入は検討しているけどセキュリティが不安。」という声も多々ありましたが、お客様の中には「セキュリティは安心したので、業務フローの中に落とし込まなければ」と具体的な検討を始めておられる方もいらっしゃいました。今回の講演やデモでの体感を通じて不安が払しょくされていれば幸いです。

今後も弊社は、皆さまのお役にたてるよう、セミナーやGIOろぐで様々な情報発信をしていきます。
引き続きGIOろぐをどうぞよろしくお願いいたします!!

コメントは受け付けていません。