こんにちは。サービス企画部の鍋倉です。

暑い日が続いていましたが、ようやく秋風を感じる季節になってきました。

そんな中、IIJでは秋の夜長の裏話!!ということで、IIJ GIOアカデミーを開催。来る2016/9/21(水)、名古屋に初上陸します。
今回は、IIJのクラウドサービスの中心となる「IIJ Omnibus」と「IIJ GIO」を題材とし、技術的な背景について紹介します!

また、2016/9/30(金)には東京にて開催。オブジェクトストレージの実践的な活用方法について、紹介する予定です。ぜひぜひ、お気軽にお申し込みください!

それでは今月も、IIJ GIOのリリース・アップデート情報をお届けします。

2016年8月のIIJ GIOサービス更新情報

IIJ GIOインフラストラクチャーP2(IIJ GIO P2)

パブリックリソースに下記機能を追加

リリース日: 2016/8/25

  • 「FW+LB 専有タイプ」のソフトウェアバージョンアップ
    従来のStingray 9.9からBrocade vTM10.4 (※1)にバージョンアップが可能になりました。(※2)

    • (※1)プロダクト名の変更は、Riverbed社からBrocade社への事業譲渡の結果であり、一貫したバージョンアップとなっています。
    • (※2)新規契約時には変わらずStingray 9.9がプロビジョニングされるので、並行利用が可能です。
  • API機能強化
    利用できるAPIが多数追加されました。
    今回のアップデートにより、「FW+LB 専有タイプ」に関するすべての機能がAPI経由で利用可能になっています。詳細はAPI Referenceにてご確認ください。

プライベートリソースに下記機能を追加

リリース日: 2016/8/25

  • 「物理サーバ」コントロールパネル リリース
    「物理サーバ」のコントロールパネルをリリースしました。オンライン上のコントロールパネルを利用して、物理サーバの各品目について、新規契約・契約変更・解約・設定変更が可能になりました。
  • 「仮想化プラットフォーム VWシリーズ」コントロールパネルの機能追加
    • ESXi 電源OFF/ON
    • プライベートネットワークの監視NAT IP登録

サブスクリプションライセンス

Trend Micro Deep Security™ as a Service提供開始

リリース日: 2016/8/25

IIJではかねてより、IIJ GIO P2などのIaaSと組み合わせて、他社ソフトウェア製品の月額利用ライセンスの使用権等を提供しています。
この度、IIJが取り扱うソフトウェア製品群に、SaaS型でサーバ保護に必要なセキュリティ機能を提供する「Trend Micro Deep Security as a Service」を追加しました。

Deep Security as a Serviceの6つの機能

Trend Micro Deep Security as a Serviceはサーバセキュリティに必須の上記6つの機能を提供します。
エージェント管理や設定等はトレンドマイクロ社よりSaaS提供され、短期間で導入が可能。構築や運用などの工数も削減できます。
また、1 DSAユニット数(保護対象のサーバOS数)で購入できるので、少数からでも気軽に利用いただけます。

Trend Micro Deep Security as a Serviceのメニューや仕様については、Trend Micro のオフィシャルサイトをご覧ください。

この他、IIJからはVMware社、Microsoft社製品等、様々なソフトウェアを提供しています。IIJのクラウドサービスと併せてぜひご検討ください。詳細は、弊社営業またはWeb問い合わせフォームまでお問い合わせをお待ちしております。

(クラウド本部 サービス企画部 鍋倉)

こんにちは。IIJ GIOアカデミー事務局です。

2016年8月25日に開催したIIJ GIOアカデミーの様子をレポートします。
今回は、ポルトガルのOutSystems社が開発したコードレス開発基盤「OutSystems Platform」のハンズオンセミナーです。OutSystems Platformの日本国内での総代理店である株式会社BlueMeme様を講師にお迎えし、2時間にわたり世界最高水準の超高速開発プラットフォームを体験していただきました。

OutSystems Platformとは何か?

まず始めに、長年OutSystems Platformを使った開発に携わるエンジニアとして活躍されている、BlueMeme社の竹内氏に製品の概要をご説明いただきました。

IMG_1432

(講師:株式会社BlueMeme コンサルティングセールス部 竹内 裕司 氏)

OutSystems Platformは、日本では「超高速開発」プラットフォームとして、日経コンピュータなどでも取り上げられています。

世界ではこの超高速開発プラットフォームの導入が進んでいます。すでに大企業を中心に、世界33ヵ国・22業種に導入実績があり、作成されたアプリケーションの総数は9万を超えています。

特徴としては、開発がドラッグ&ドロップでサクサクと進められることです。コードの記述ではなくアイコンを組み合わせてプログラミングをするため、アプリがどのように動くかがビジュアル的に一目で分かります。
モバイルやタブレットなどの端末にも対応しており、レスポンシブ対応の設定を行うことで、一度アプリケーションを開発すれば、PCとモバイルに対応するマルチデバイスアプリケーションが完成します。

また、OutSystems Platformは、開発だけではなく保守・運用部分もサポートしています。アプリケーションや環境のモニタリング、依存関係分析、パフォーマンスの監視などがビルトインでご利用いただけます。

実際に手を動かしながらのハンズオン

概要説明の後は、いよいよハンズオン開始です。今回は、「従業員情報管理アプリ」と「アンケート結果をグラフ表示するアプリ」の2つを作成しました。

「ここのアイコンはどういう意味?」
「この部分で少し詰まっていて・・・」
「タブレットでの表示はどうやるの?」

などハンズオン中は多くのご質問をいただきましたが、コツをつかんだ方は、あっという間に次のアプリケーションに進んでいました。中には、BlueMeme社のサポート担当者よりも使いこなしていた方もいたようです。

エクセルからのデータ取り込み、さらにページ作成がドラッグ&ドロップで行えるため、初めて触った方でも2つのアプリケーションを1時間半で開発いただけました。

ハンズオンの後も、技術部分だけでなく、事例や価格など多くのご質問をいただき、大盛況のうちに終了しました。

BlueMeme社のWebサイトでは、他にも事例や無償の個人向け開発環境をご案内しております。こちらもご参照いただき、デモやトレーニングのご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

世界で唯一、IIJ GIOだけが月額ライセンスを提供

IIJは、OutSystems Platformをクラウドサービス「IIJ GIO」上で提供する「OutSystems Platform for IIJ GIO」の提供を行っています。ワールドワイドで唯一、月額ライセンスを提供。システム構築の初期費用を抑えて、必要な時にだけ利用できます。ユーザは自社で「OutSystems Platform」用に、高性能なインフラ基盤を整備することは不要で、アプリケーションの開発に専念できます。また、「IIJ GIO」上のプライベートクラウドと組み合わせることで、ユーザ専用のプライベートPaaS(Platform as a Service)を構築できます。

<お問い合わせ先>

今回の記事についてご不明点・ご質問がございましたら、IIJ GIOアカデミー事務局(gio-part-info@iij.ad.jp)までお気軽にご連絡ください。

<お申込み受付中>

(IIJ GIOアカデミー事務局)

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスが、Panzuraクラウドストレージゲートウェイ(以下、Panzura CSG)の接続可能なクラウドストレージとして米国Panzura社から正式認定を受けました。日本国内クラウド事業者としては初のケースとなり、既に提供されているバージョンで利用可能となります。

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスとPanzura CSGを組み合わせることで、クラウド上に高速・大規模なクライアントファイルサーバ環境が構築可能となります。Panzuraは、グローバル・他拠点に分散したファイルサーバを統合し、従来のファイルサーバに比べて高速なレスポンスを提供します。

従来型のWindowsファイルサーバをクラウド上に構築するためには以下の課題があり、Panzura CSGを使うことで解決することができます。

ファイルサーバをクラウド上に構築する上での課題

  • 多拠点からのアクセス、大容量データの転送はネットワークの遅延などによりレスポンスが悪い
  • 従来型のブロックストレージでは劇的なTCOの削減は見込めない
  • 仮想サーバ(Windows)とブロックストレージを組み合わせた導入は、SIと同等の手間と運用負担がかかる

Panzura CSGの特徴

オンプレミス型ファイルサーバと同じ使い勝手

Panzura CSGはCIFS/NFSのファイルサーバとして動作するため、クライントからの使い勝手は従来のファイルサーバと全く変わらず、エクスプローラによるファイル、フォルダ検索も従来通りです。また、Active Directoryとの連携にも制約はありませんので、従来のファイルサーバと同じポリシーでのアクセス制御が可能です。

オンプレミス型ファイルサーバと同等の性能

Panzura CSGは内蔵する大容量SSDをローカルキャッシュとして利用し、さらに重複排除、WAN高速化の機能を組み合わせることで、クライアントからの高速なCIFSアクセス要求に対応するとともに、PanzuraとIIJ GIOストレージ&アナリシスサービス間の通信量を大幅に削減することで大容量データを短時間でやり取り。従来のオンプレミス型ファイルサーバと同等の性能を発揮します。
一般的なオフィス系ファイルだけではなく、CADや設計データ、動画、画像、音声データなど大容量ファイルもストレスなくご利用いただけます。

災害対策とデータ保護

従来のファイルサーバの一般的な災害対策はお客様ご自身で複数のデータセンタにファイルサーバを配置し、ファイルサーバのレプリケーション機能によるデータの複製を行う必要がありました。そのため機器やファシリティにかかる莫大なコストと運用工数がかかってきます。そこで、このPanzuraとIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスを組み合せることにより、災害対策を安価かつ容易に実現することができます。
クライアントからPanzuraに書き込まれたデータはネットワークを介してすべてIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスに保存されます。IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは堅牢なデータセンタ内で異なるノードに3つの複製をすることで99.999999999%(イレブンナイン)の堅牢性を提供しており、企業の重要なデータを安全に保存することができます。

またPanzura自身がファイルの世代管理の機能を有しており、ユーザが誤ってファイルを消してしまった場合など、ユーザ自身のオペレーションにより最大1万世代まで遡ってのファイルの復元が可能となります。

暗号化機能

Panzura CSGは、米国連邦標準規格であるFIPS 140-2に準拠するAES-256bit暗号化機能を有しており、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスに保存するデータを強力に保護します。

構成イメージ

Panzura

IIJ GIOストレージ&アナリシスについて

安価で高いデータの保全性をもつオンラインストレージサービス。ユーザはデータを安全に、どこからでも、容量制限なく、データ転送量無料で利用可能。

特徴

  • 分散型オブジェクトストレージ
  • 容量無制限:1ファイル5TBまで、ファイル数無制限
  • 高い堅牢性:99.999999999%(イレブンナイン)
  • 安価なストレージ:7円/GB、ダウンロード転送量:0円
  • 無制限の拡張性と性能劣化が低い
  • RestAPIを使ってアプリケーションと容易に連携可能
  • IIJ GIOプライベートバックボーンを使った閉域網接続に対応

【IIJのお問い合わせ先】

(アライアンスマーケティング部)

こんにちは。IIJ GIOアカデミー事務局です。

今回は2016年7月後半~8月前半に開催したプログラムを一気にレポートします。

7月28日 Office 365の導入課題について学ぶ

日本でも業界を問わず利用が拡大している「Office 365」について、必須のセキュリティ対策や、クラウドサービスと企業ネットワークのつなぎ方をご紹介しました。

メールセキュリティ、Office 365だけで本当に大丈夫?
IIJ サービスプロダクト事業部 平野

1つ目のセッションは、様々な企業で導入が進んでいるOffice 365のセキュリティをどのように強化するのかというお話です。

平野さん

悪質な標的型メール攻撃による被害が国内でも次々に報告されているのはご存じかと思いますが、公表されているものは氷山の一角に過ぎません。実際、自社で気付いたのは3割程で、知らず知らずのうちにウイルスなどに感染しているケースは多いです。

企業の信用低下、顧客離れ、売上低下という悪いスパイラルに陥る前に、早急に対策を考える必要があります。しかし、攻撃者は新種のマルウェアを利用することが多いため、既知の攻撃を防御するアンチウイルスソフトだけでは攻撃を防ぐことが難しくなってきています。こういった状況から、新種のマルウェアを検知する「サンドボックス」が非常に注目されています。

しかし、オンプレミス環境のサンドボックスとOffice 365の相性が悪いなど、様々な弱点もあります。その弱点を補うのがIIJセキュアMXサービスです。
IIJセキュアMXサービスのサンドボックスオプションをご利用いただくことにより、メールセキュリティをすべてクラウドで完結できるため、Office 365との相性も良く、お客様の運用負荷も大幅に軽減されます。また、様々なお客様のニーズに応えるべく、基本機能・オプション機能ともに日々バージョンアップを続けています。

ご興味を持っていただけましたらまずは、無料トライアルをお試しください!
2、3年後のセキュリティ対策が予測できないため、セキュリティ製品を資産として持つのはリスクが大きくなりました。特に変化が激しいセキュリティこそクラウド化し、機能のみ利用することをオススメします。

ITインフラ屋さんに捧げるOffice 365の使い方
IIJ クラウド本部 髙橋

2つ目のセッションは、Office 365導入にあたって気をつけるポイント、特にOffice 365と社内ネットワークの接続方法についてのお話です。

高橋さん

Office 365は多くの機能をもつサービスであるがゆえに、導入時には機能の検討が優先され、既存システムとの連携やネットワークについては見落とされがちです。導入時の課題として4つのポイントがあります。

  1. 既存環境からの経路変更に伴うインターネット帯域が増加する
  2. セッション数が大幅増加するためプロキシサーバが逼迫する
  3. Office 365のIPアドレスが頻繁に変更されるためファイアウォールも頻繁に設定変更が必要となる
  4. Office 365 はグローバルIPを利用するため、クライアントセッション数に応じたNATアドレスが必要となる

これらの課題について、インターネット経由で利用する場合と、ExpressRouteによる専用線接続の場合、それぞれの対応策をお伝えしました。

ExpressRouteとは、AzureやOffice 365に専用線を接続できるMicrosoftのサービスです。IIJはExpressRouteとお客様拠点とを接続するネットワークサービスであるIIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoftを組み合わせ、フルマネージドでお客様にご提供しています。

このExpressRouteですが、接続先によっては完全な閉域接続にはなりません。Azureのパブリック用途「Public Peer」、プライベート用途「Private Peer」、Office 365用途「Microsoft Peer」と3種類の接続先がありますが、Private Peer 以外はインターネットに公開された環境に接続します。

ここは誤解がよく発生するポイントになっています。ExpressRouteをOffice 365に接続する場合によくいただくご質問として、「インターネットからアクセスできなくなるのですよね?」というものがありますが、これは間違いということになります。

Office 365はインターネットからも利用可能なパブリックなサービスであるため、専用線を接続した場合でもインターネットからアクセス可能です。インターネットからのアクセスを禁止したい場合には、ADFSなどの認証機能と合わせてご利用ください。

8月10日 真夏の夜のVMwareのサービス解説~めっちゃ詳細版~

IIJ サービスプロダクト事業部 岸本

IIJの主力クラウドサービスであるVMware仮想化プラットフォームを活用したVWシリーズについて深くご理解いただくことを目的に、日頃IIJ GIOの提案から導入まで技術的な視点で支援を行っているプリセールスエンジニアの岸本よりお話しました。

岸本さん

情報が盛りだくさんなので、ここでは細かい内容は省略しますが、VWシリーズのここだけは外せないポイントをまとめると、

  1. vCenter Serverの管理者権限を提供することでオンプレミスと同じように利用できる
  2. お客様専用のESXiサーバをクラウドサービスとしてアセットレスに利用できる
  3. コントロールパネルから注文することで必要なときに”すぐ”利用、必要なとき”だけ”利用できる

以上3点です。

すべてをお話しするには時間内には収まらないボリュームで、参加者の皆様にとっても根気のいるセミナーだったと思いますが、多くの質問をいただき、活発な意見交換ができました。これからも弊社クラウドの良し悪しを知った上で選んでいただけるように価値を提供していきたいと思います。

<お問い合わせ先>

今回の記事についてご不明点・ご質問がございましたら、IIJ GIOアカデミー事務局(gio-part-info@iij.ad.jp)までお気軽にご連絡ください。

次回の「IIJ GIOアカデミー」は2016年9月8日(木)です。
海外クラウドの第2弾として、著しい経済発展が世界の注目を集めている“インドネシア”にスポットをあてます。

(IIJ GIOアカデミー事務局)

こんにちは。
ここ2週間ほど寝不足の鍋倉です。

今夏は本当に熱い夏ですね!

現在南米ブラジルにて開催中のリオデジャネイロオリンピックで、日本人選手が大奮闘し、手に汗握る熱い夏の夜を過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
各種目において日本のチーム全員が一丸となって戦い、それが連日続くメダルラッシュという素晴らしい結果につながっているのだと思います。

閉幕まであと数日ですが、日本人選手の活躍にもう少しだけ寝不足が続きそうです。

それでは、今月もIIJ GIOのリリース・アップデート情報をお届けします。

2016年7月のIIJ GIOサービス更新情報

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス

リリース日: 2016/7/28

(1)オブジェクトストレージ価格体系 見直し

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは、堅牢性の高い(99.999999999%)REST APIインタフェースによる(Amazon S3相当)”オブジェクトストレージ”と、ストレージに蓄積されたデータを加工・解析する”解析機能”を提供します。
この度、以下の通り”オブジェクトストレージ”の提供価格を大幅に改定し、よりご利用いただきやすくなりました。

  1. ストレージ容量単位を1TBから1GBに変更
    7円/GBから利用可能です。
  2. 転送量課金を撤廃
    例えば、ファイルサーバ用途で利用する場合、I/Oが多く発生するため、転送量課金が増大する傾向にありますが、本サービスは0円で利用可能です。

(2)プライベート接続オプション リリース

この度、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスのオプション品目として、IIJ GIOプライベートバックボーンサービスへ接続する、”プライベート接続オプション”を追加しました。
本オプションを利用することにより、お客様専用の閉域ネットワーク内で、IIJ GIOインフラストラクチャーP2や、Microsoft Azure、お客様のオンプレミス基盤等のデータバックアップ先のストレージとして利用することができます。

今月ご紹介したIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは様々な用途に利用可能です。本サービスの詳細については、弊社営業またはWeb問い合わせフォームまでお問い合わせください。

(クラウド本部 サービス企画部 鍋倉)